脚痩せなどの部分痩せは可能?

こんにちは!

オンラインダイエットコーチング代表

肥満予防健康管理士の福田です。

 

今回のテーマは

脚痩せなどの部分痩せは可能?

です。

 

よく聞かれるご質問が「脚痩せやお腹周り痩せなどの部分痩せは可能ですか?」です。

女性の方なら気になるのは脚周りやお腹周りですよね?

気になるところから痩せていきたいという気持ちはよく分かります!

冬場はまだ良いですが、夏になると露出も多くなるので「出来るだけ細く見せたい!」という気持ちになるのも無理はありません。

 

残念ながら脚痩せなどの部分痩せは不可能。脂肪は全体的に減っていく。

PAK86_jipanonaka15145629_TP_V

結論から言うと、

「脚痩せなどの部分痩せは生物学的には不可能」

です。

 

というのも、脂肪が減るメカニズムを理解すれば部分痩せが不可能だという事が分かります。

 

脂肪が減るメカニズムですがカロリー収支がマイナスになると、体を動かすエネルギーが不足します。

その足りないエネルギーをどこから持ってくるかというと、まず血中にある糖分です。

ただ、血中にある糖分はすぐになくなります。

そして、内臓などの体の内側に蓄えられている内臓脂肪を糖質に分解し、エネルギーとして使っていきます。

1gの脂肪あたり7.2kcalのエネルギーを供給出来ます。

 

その内臓脂肪から持ってくるエネルギーも無くなると、次に体の外側にある脂肪「皮下脂肪」をエネルギーとして使おうとします。

この「皮下脂肪」というのは一般的に目に見える脂肪でお腹周りやおしり周りなど体の外側にあって掴める脂肪です。

この皮下脂肪はエネルギーが不足すると全体的に減っていきます。

この時に脚の脂肪を優先的に使って欲しい!と自分で指定することは出来ません。

 

脂肪が蓄えられている箇所の中で脂肪量が多いところから優先的に使われていきます。

最も脂肪量が多いのはお腹周りの脂肪ですので、まずはお腹周りの脂肪から減っていきます。

ふくらはぎや二の腕など体の中での細い部分は脂肪が蓄えられている量が少ないので、なかなか細くなるのが実感しにくいのが特徴です。

ですが、全体的に体の脂肪量が減るにつれて、ふくらはぎや二の腕の脂肪も比例して減っていきます。

 

BMIが20以下の脂肪量の少ない方で、もし脚やお腹周りの脂肪が気になるのなら筋肉不足の可能性アリ!

 

 

身長160cmで体重50kgくらいのかなり痩せ気味の方(BMI19.5)から、

「お腹の脂肪が気になるのでもっとダイエットをして脂肪を減らしたい!」

と言われることがあります。

 

このような場合はこれ以上痩せても健康を損ねるだけですし、お腹周りの脂肪をそれ以上減らすと危険です。

もう既にダイエットをする必要が無いくらいに痩せているのに、脂肪が弛んでいるのはダイエットでは解決出来ません。

 

それよりもお腹周りの筋肉を増やす事でお腹周りを引き締めていく方が良いです。

 

筋肉は体を引き締めて細く見せる効果がある!

 

belly-2354_1280

同じ体脂肪量でも筋肉が多い方と少ない方では外見の印象がかなり変わって見えます。

というのも、筋肉には脂肪のような外側にある組織を内側に引っ張る効果があるからです。

ですので、脂肪などの弛みがちな余分な肉を内側に引き締めるので、結果的に引き締まったカラダに見えます。

 

また筋肉が多い場合、代謝も多くなり、血液の流れも良くなります。

更に、むくみなども解消される事になり、結果的に更に細く見えるようになります。

ですので、既にBMIが20を切っているような細い方は、ダイエットよりも「筋トレ」を重点的に行った方が効果的です。

 

BMIが22以上ならまだまだ体全体に余分な脂肪がたっぷりあるので、カロリー収支をマイナスにするダイエット、つまり食事量や摂取カロリーを減らすダイエットをして、体からまんべんなく脂肪を減らすことに専念するのが良いですね!

 

 

オンラインダイエットコーチング代表

肥満予防健康管理士

福田圭亮



オンラインであなたのダイエットを徹底サポートします!
オンラインなのでどこかに通うはありません。
毎日の生活の中で自然に無理なく本格的なダイエットが出来ます!!
【無料メールマガジン登録フォーム】



無料メールマガジンに登録して頂くと、あなたのダイエットをサポートする『ダイエットサポートメール』が1週間に1回届きます。

『ダイエットサポートメール』ではあなたのダイエットを成功させるための様々なダイエットノウハウやダイエット事例などをご紹介していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。