【オンラインダイエット講座第7回目】炭水化物の摂りすぎに気を付けよう!

こんにちは!^^

オンラインダイエットコーチング代表・肥満予防健康管理士の福田です。

 

オンラインダイエット講座第7回目です。

今回は

「炭水化物の摂りすぎに気を付けよう!」

についてお伝えしていきますね!

 

ダイエットは食事バランスが超重要!

Grilovani Pikovice

一番最初に言っておきたいことがあります。

それはダイエット中に

「これは食べたらダメ!」

という食品は一切ありません。

 

ダイエット個人指導の際には「この食品を出来るだけ食べて下さい」のような指定は一切していません。

どの食品も人間の活動に必要な栄養素があり、不必要な食品はほとんどありません。

大切なのは食事バランスです。

ただ現代人はこの食事バランスが非常にまずいので肥満が大きな問題になっているのです。

(特に欧米ではこの食事バランスが壊滅的なまでに悪い状態です)

炭水化物・タンパク質・脂質・食物繊維のバランスを保つ

breakfast-932452_1280

一般的には炭水化物60%、脂質20%、タンパク質20%のバランスが一番良いと言われてきました。

1日の中でご飯・パン・麺類などが6割、肉類・魚類が2割、野菜類が2割くらいのイメージですね。

しかしこれは今の時代にはちょっと合わなくなってきました。

炭水化物60%は明らかに炭水化物過多です。

 

というのも、今の時代はIT化・自動化が進んでいるので何をするにも運動をする機会が急激に減ってきているからです。

それに合わせて1日の消費カロリーも急激に減ってきています。

炭水化物は主に身体を動かすエネルギー源になるのですが、そもそも今の時代はそこまでエネルギーを必要としない生活環境になっています。

 

昭和後期(1980年ごろ)と現代(2017年)では生活状況は一変しています。

昭和の時代にスマホやインターネットなんて無かったですからね(笑)

昔は何をするにも自分で動かないといけなかったのです。

そんな時代に決められた栄養基準はいまだに大きく変わっていません。

その過去の基準を現代人に当てはめる事自体がおかしくなってきています。

 

ですので、炭水化物の割合は1日の中で40~50%くらいでちょうど良いと思います。

減った炭水化物の代わりに、肉類や野菜類・海藻類・果物などを食べるとちょうど良いバランスになります。

 

現代人は炭水化物を摂りすぎているので気をつけよう!

hunger-413685_640

普通に生活をしているとどうしても炭水化物過多になってしまいます。

外食に行くと「ご飯+うどん」、「ラーメン+チャーハン」、「ハンバーガー+ポテト」などのように炭水化物をたっぷり摂ってしまう食事になってしまいます。

カフェに行くと「パン」「ケーキ」や「クッキー」「アイスクリーム」などたっぷり炭水化物がある食事ばかりです。

 

ただでさえ運動量が減ってきていて炭水化物の必要量が減っているにも関わらず、炭水化物をたっぷり摂ってしまいやすい環境にあります。

ですので、現代人は「炭水化物を出来るだけ減らそう!」と意識しておくくらいがちょうど良いかと思います。

そうでもしないと普通に生活しているだけで炭水化物まみれになる環境に生きているからです。

 

炭水化物の摂り過ぎは恐ろしい『炭水化物依存症』に繋がる

PAK86_jipanonaka15145629_TP_V

炭水化物を過剰に摂取すると血糖値が急上昇し、血糖値を下げる役割のインシュリンが過剰に分泌されてしまいます。

その際に必要以上に体に糖分が取り込まれてしまい、肥満に繋がります。

 

また、インシュリンが大量に分泌されて血糖値が急激に下がると、脳は飢餓状態と勘違いしてしまい強烈に食べ物を要求します。

これが「ご飯をたくさん食べた数時間後に急激にお腹が空く」原因です。

その結果、たくさん食べた後にも関わらずまたたくさん食べてしまうという悪循環に繋がります。

 

そのような生活を長期間続けると、食欲のコントロールが上手く出来なくなっていきます。

そしてだんだんと過食が日常的になっていきます。

機能がおかしくなった脳から、エネルギー(炭水化物)を要求する信号が際限なく送られてくるため無性にご飯・パン・麺類・ケーキなどを食べたくて仕方が無くなっていきます。

これが炭水化物依存症です。

 

しかし炭水化物依存症はこれだけでは終わりません。

炭水化物の過剰摂取が続くと脳の機能もおかしくなってくるため、感情のコントロールが出来なくなってきます。

その結果、「感情が不安定になり急に怒ったり、急に悲しくなったり、慢性的に気分が落ち込んだり」というような精神不安定症状が現れだします。

うつ病のような症状なので、自分はうつ病だと思っている人が実は炭水化物依存症だったという事も多いです。

(自分はうつ病だと思って精神科の医師の元に行ってもさすがに日々の栄養摂取状況は聞かれないので、炭水化物依存症だと知らずにうつ病を治すために精神科に通い続けている人も多いのではないでしょうか)

 

炭水化物の摂りすぎに気を付けながらバランスの良い食事をしよう!

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_m

これまで炭水化物の摂り過ぎが引き起こす恐ろしい症状について説明してきました。

このような事を書くと、

「よし!じゃあ今日から炭水化物は摂らないようにする!!」

と極端に炭水化物抜きの食事にしようとする人もいますが、絶対にやめて下さいね!

 

炭水化物の摂り過ぎはいけませんが、炭水化物を摂らなさすぎるのも健康に良くありません。

確かに炭水化物を一気に減らすと、血糖値の上昇が緩やかになり、太りにくくなります。

しかし炭水化物は3大栄養素と言われるだけあって人間の活動には欠かせない必須栄養素です。

ですので、「炭水化物控えめ~低炭水化物ダイエット」くらいまでは良いですが、「炭水化物抜きダイエット」は危険なので控えた方がよいですよ!

 

もしもあなたが肥満で悩んでいて、食欲が上手くコントロール出来なくて、日々の炭水化物の摂りすぎに心当たりがあるのなら、「炭水化物の量を減らす」というのはとても効果的です。

1日の食事を、

炭水化物(ご飯・パン・麺類・粉もの・ケーキ・ビスケットなど・イモ類)40~50%

肉類(肉・魚など)25~30%

野菜・果物・海藻・キノコ類25~30%

くらいのバランスにすれば炭水化物の摂りすぎを解消する事が出来ます。

 

最後に一番大切なのは「健康」なので、一気にダイエットをしたくなる気持ちも分かりますが、健康第一で健康的なダイエットをしていきましょう!

 

オンラインダイエットコーチング代表・肥満予防健康管理士

福田圭亮

 

今までに無かったオンラインでダイエット個人指導

 

今までに無かったオンラインでのダイエット個人指導サービスです。

おかげさまで2011年からスタートし多くの受講者さんにご利用頂いています。

 

毎日ダイエットコーチと二人三脚でしっかりとダイエットを行っていきます!

自分だけではなかなかダイエットが出来ない方にぴったりです!

 

オンラインで行うのでどこかに通う必要は無く、いつでもどこでもちょっとした空き時間にダイエットの専門家のプライベート個人指導を受けることが出来ます!

 

 

onlinedietmini

オンラインダイエットコーチング



オンラインであなたのダイエットを徹底サポートします!
オンラインなのでどこかに通うはありません。
毎日の生活の中で自然に無理なく本格的なダイエットが出来ます!!
【無料メールマガジン登録フォーム】



無料メールマガジンに登録して頂くと、あなたのダイエットをサポートする『ダイエットサポートメール』が1週間に1回届きます。

『ダイエットサポートメール』ではあなたのダイエットを成功させるための様々なダイエットノウハウやダイエット事例などをご紹介していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。