体重が減らなくて落ち込んでいる時に考えるべきこと

今回のテーマは

『体重が減らなくて落ち込んでいる時に考えるべきこと』

です。

 

ダイエットをしている時に最も落ち込む瞬間は「体重計に乗った時に体重が減っていない時」です。

ダイエットを始めると結果がとても気になりますよね。

そして出来るだけ早く痩せたい!と焦ります。

 

この記事を読んでいるあなたもきっとダイエット中の体重の変化がすごく気になっていると思います。

 

「自分の当初の予想では1ヶ月に5kgくらい痩せるはずだったのに、まだ2kgしか痩せていない・・・」

「周りでは1ヶ月で4,5kg痩せてるのになんで自分はこんなに痩せにくいんだろう!?もう自分が嫌になる!!」

 

・・・のように、予想と現実のギャップに激しくショックを受けて、ダイエットのやる気・モチベーションを失ってしまいがちです。

 

ダイエットを行っている方の90%以上は途中で挫折してダイエットを止めてしまうと言われています。

その挫折の大きな原因が「体重が思ったように減らないことへの強いストレス」が原因です。

 

もし、あなたがダイエット中で体重が減ったり増えたりするたびに一喜一憂していて精神的に不安定になっているなら、この記事はあなたのダイエットの役に立つかもしれません!

 

 

体重は劇的に一気に減らすべきではない

 

ほとんどの方が「体重を一気に劇的に減らしたい!」と思っています。

またTVや雑誌で「このサプリを飲むだけでたった1か月で6kgも痩せた!」とか「1日30分この運動をするだけで1週間で3kg減量!!」とか煽っているので、ダイエットを始めると一気に激ヤセが出来て当たり前という風潮があります。

しかし、TVや雑誌では商品やサービスを売るためには「嘘や過激な誇大広告でもなんでもあり」なのでTVや雑誌の情報をそのまま信じない方が良いです。

最近TVや雑誌の情報は嘘が多いというのが少しずつ認知され始めてきましたが、まだまだTVや雑誌の情報を鵜呑みにしている人が多いのが現状です。

 

しかし、体重は一気に減らすべきではありません。

何故なら「体重を一気に減らすことは後々自分のカラダに深刻なダメージをもたらすから」です。

 

『激ヤセがもたらす自分のカラダへの深刻なダメージ』について詳しく知りたい方はコチラの記事もチェックしてみて下さい!

↓  ↓  ↓

何故、短期間での激やせは絶対にしてはいけないのか?

2016.03.04

 

 

体重が減らなくて落ち込んでいる時に考えるべきこと

 

cdce98519c99f356f2404a11491ac46b_s

 

1、ダイエットは1か月あたり体重の2~3%(最大でも5%まで)までにする

 

みなさん「1か月で7kgくらい一気に痩せたい!」と思われています。

またそのような体験談や事例がTVや雑誌で紹介されているので、「よし!自分もそれくらいのダイエットが出来るはず!」と思いがちです。

しかし、それこそがそもそもの間違いなのです。

 

ダイエットは最大でも1か月あたり体重の5%(体重60kgの人なら3kgまで)にするべきです。

体重の10%を超えるような激ヤセはその後のリバウンドを起こす確率が高くなるばかりか、あまりにも目標が高すぎて途中で挫折してしまいます。

また何よりもカラダにかなりの負担が掛かります。

 

 

2、無茶な減量はカラダの免疫力・ホルモン調整機能を弱めてしまうので避ける

 

あなたがもしも「1ヶ月に体重の5%を超えるような激ヤセ」をしたいと考えているなら、今すぐその考えを捨てたほうが良いです。

 

1か月あたり体重の5%までの減量ペースならまだマシですが、体重の5%を超えるような激ヤセを行った場合一緒に筋肉まで無くなってしまったり、免疫力やホルモンバランスなどカラダの機能が弱まります。

その結果病気になりやすくなったり、アレルギーが発症したり、また基礎代謝が悪くなりその後リバウンドを起こす可能性が高くなります。

今すぐにでも痩せて周りから「すご~い!!」と称賛されたい、周りを見返してやりたいのは分かりますが、今だけを考えずに将来の自分の健康も考えていくべきです。

 

また、ダイエットというのは「カラダに蓄えられている体脂肪を燃焼させて減らす事」です。

しかし、体脂肪が燃焼して減っていく際に脳は「カラダが今飢餓状態にある!」と勘違いして、基礎代謝量を抑えたりと省エネ体質にします。

これがダイエットを行っていると、途中で体重の減少が緩やかになる主な原因です。

このカラダの痩せることを抑えようとする力を超えるくらいの無茶な食事制限などをするとカラダのバランスが乱れますし、その後極端な飢えを経験したことにより、カラダは必要以上に食べ物からエネルギーを摂取しようとするカラダになってしまい結果的に太りやすくなってしまいます。

 

 

3,目先の体重の変化に一喜一憂しないようにする

 

体重は一気に一直線で痩せていくことはほぼありません。

しばらく体重が減り始めると、また増えて、そしてまた減ってというように減ったり増えたりしながら徐々に減っていきます。

ちょうど株価のグラフのようになります。

 

ですので、「今日は体重が減った!やった!!」「今日は何故か体重が増えた・・・はぁ・・・」と落ち込むべきではありません。

毎回体重の変化に一喜一憂したり、超短期間での減量を期待しすぎると精神的にも良くありませんし、ダイエット中に挫折してしまいます。

 

『体重とダイエットの関係』について詳しく知りたい方はコチラの記事もチェックしてみて下さい!

↓  ↓  ↓

体重の減り方を知ると精神的に楽になる

2016.02.26

 


 

自分の健康をしっかり考えながら減量を行っていくことが一番重要!

 

person-1207641_1280

 

ダイエット個人指導に長く携わって感じるのはみなさん「あまりにも短期間での減量を望みすぎている」という事です。

そして、ダイエット業界自体がその顧客層に対して「1ヶ月で5kgの激ヤセが簡単に出来ます!」などと煽りすぎているという事です。

 

短期間での減量だけで良いのであれば非常に簡単です。

「食べる量を極端にセーブ」して「運動を適度に行えば」簡単に短期間での激ヤセが出来ます。

しかし、激ヤセだけに特化したダイエットでは高確率で後々リバウンドを起こしますし、カラダに深刻なダメージをもたらします。

 

私が運営している「オンラインダイエットコーチング」では何よりも受講者様の健康に配慮しています。

そして健康を損ねない範囲でのダイエットを強く推奨しています。

「10kg痩せたけど、免疫力が弱まったのかカラダの調子が悪い・・・」となってしまっては意味がありません。

最も大切なのは「健康」です。

 

これからダイエットをしようと思っている方、または現在ダイエットを頑張っている方、是非「短期間での減量」に対して考え直してみて下さい。

そしてじっくりと「健康とダイエット」について考えてみて下さい。

そうすると「短期間での激ヤセ」がいかに危険か分かってくると思います。

 

また短期間での激ヤセに対する危険性が理解出来ると、毎日の体重の変化に対して寛容になっていきます。

体重は一直線には減っていきません。

何故ならカラダの防衛機能として体脂肪を維持しようとしているからです。

そのカラダの働きは自分を守ってくれている訳ですから、そこを理解してあげることも重要です。

 

そして自分自身のカラダと健康を見つめながら着実に少しずつカラダに負担の掛からない範囲でダイエットを行っていくことこそが、結果的にダイエット成功への近道になります。

 

あなたがもしも今「体重が全然減らなくて落ち込んでいる」なら、一度このような視点からダイエットを考えてみると、少し心にゆとりが出来て着実にダイエットが出来るようになると思いますよ!

 

肥満予防健康管理士

福田 圭亮



オンラインであなたのダイエットを徹底サポートします!
オンラインなのでどこかに通うはありません。
毎日の生活の中で自然に無理なく本格的なダイエットが出来ます!!
【無料メールマガジン登録フォーム】



無料メールマガジンに登録して頂くと、あなたのダイエットをサポートする『ダイエットサポートメール』が1週間に1回届きます。

『ダイエットサポートメール』ではあなたのダイエットを成功させるための様々なダイエットノウハウやダイエット事例などをご紹介していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。